ブログトップ

ガック隊長のブツブツ日記

kitatakesi.exblog.jp

山歩きと日記のページ

カテゴリ:山歩き( 93 )

  2月24日(晴れ)
今日は初めての山です。
糸島半島に有る可也山です糸島富士と言われています。
d0198313_21224696.jpg
登山口の駐車場いっぱいでしたので、近くの神社に停めました。
d0198313_21175308.jpg
歩き始めの入り口。
d0198313_21181375.jpg
石切場跡です、ここの石は花崗岩で江戸時代に日光東照宮大鳥居の造立の際には難儀の末60トンの石を切り出したと記されているそうです。
d0198313_21202039.jpg
素敵な縦走路
d0198313_21212955.jpg
可也神社
d0198313_21270217.jpg
可也山頂、展望は有りません。
d0198313_21194750.jpg
展望台、一望に開けます、素晴らしいの一言です。
d0198313_21193221.jpg
分岐から小富士梅林に一気に下ります。
d0198313_21191146.jpg
梅林です、少し早いかな。
d0198313_21190163.jpg
下道を歩き車を停めた所まで行きます。
d0198313_21183640.jpg
春もすぐそこです。
d0198313_21225552.jpg
良い天気で春も近まり、近場で得した一日でした。
アップが2ヶ月半遅れです。(反省)

[PR]
by kitatakesi | 2018-05-07 21:53 | 山歩き | Comments(2)

  2月18日(晴れ)
今回の山歩きは峰入り軍団で寝太郎山へ俊ちゃんの喜寿のお祝いを兼ねてのの山登りです。
薬王寺温泉駐車場に集合して3台の車で古賀ダムに移動して出発です。

d0198313_21074310.jpg

立花古道入口から入ります、急登を登ると尾根へ
d0198313_21093433.jpg

少し行くと寝太郎山です、鉄塔の下三角点も有ります。
d0198313_21125980.jpg

少し油断をすると方向間違えそうです。
d0198313_21145105.jpg

三市町境
d0198313_21163859.jpg

今日は天気がいいので前回より周りが見渡せます。
d0198313_21192374.jpg

奥深立
d0198313_21222712.jpg

大目配(別名スバイ山と言うそうです)
d0198313_21241506.jpg

薬王寺峠から二手に分かれて下ります、私は足が攣りそうなので短いコースで河内池口まで一気に下ります。
d0198313_21242552.jpg

池の辺を駐車場まで歩きます。
d0198313_21243461.jpg

到着です。
別の組の到着を待ちます、天気がいいのでひなたぼっこです。
皆さんお疲れ様でした。






More
[PR]
by kitatakesi | 2018-04-06 21:52 | 山歩き | Comments(0)
  2月11日(曇り時々雪)
今日はオルレ別府コースです。
昨日より気温が下がりおまけに高度も高く雪もちらつく日です。
志高湖からのスタートです。
d0198313_22253428.jpg
学校裏を歩いて行きます。
d0198313_20501683.jpg
そのあと山の伐採をしてて何を作ってるのだろう?、行く方向が分かりません。(なぎ倒された木が可哀そう)
d0198313_22262718.jpg
途中のシイタケ畑、少しだけ有りました。
d0198313_22263962.jpg
見晴らし展望台へ由布岳も霞んでいます。
d0198313_22413168.jpg
途中の曲がり杉でひと遊び。
d0198313_22265639.jpg
合棚のお地蔵様(江戸時代から祭られてるそうです)
d0198313_19565863.jpg
ふくろう岩。(椿大橋も見えます)
d0198313_22265654.jpg
愛宕神社の大きな御神木。(樹齢500年以上の杉からパワーを頂きました)
d0198313_22265738.jpg
車の無い駐車場から神楽女湖へ。
d0198313_22482249.jpg
神楽女湖の今は、水もなければ花も有りません、雪が少しあるだけです。
(花菖蒲で有名で80種類30万本が咲き誇るそうです)
d0198313_22433430.jpg
志高湖まで帰ってきました。
d0198313_20200722.jpg
湖には氷が張ってとても寒そうですが、キャンプをしている人もいます、天気も回復してきて由布岳・鶴見岳も見えます。
d0198313_20193168.jpg
氷で白鳥も泳げません、勿論ボートも動けません。
d0198313_20194324.jpg
これで別府コース終わりです。別の季節で行くとまた違った歩きが出来るでしょう
(今日は寒かったです)
別府コースと言うので温泉の街歩きと思っていました、今回もも楽しく歩くことが出来ました。
オルレは、いろんな風景・歴史に出逢えて、のんびりと、山歩きとは違った楽しみのが味逢えます。


[PR]
by kitatakesi | 2018-03-14 21:09 | 山歩き | Comments(0)
  1月27日(曇りのち晴れ)
最近寒波がつづけて来るので、一度も行ったことの無い場所、この冬に行ってみたい、暮雨の滝に行くことにしました。
吉部に車を停めます、駐車場は積雪していました。
d0198313_21090506.jpg
準備をして出発です、最初からアイゼン装着です。
d0198313_21093924.jpg
いきなりの急勾配、体が重い。
d0198313_21105511.jpg
滝入口に到着少し下ります。
d0198313_21114335.jpg
念願の暮雨の滝です、滝は水量が多く全体は凍りませんが想像どうりで満足しました。
d0198313_21182905.jpg
これから坊ガツルに、春とはちがい花は有りませんがしかし至る所にクラゲが?
木の雪はいろんな形が作られ、楽しく歩けます。
d0198313_21195798.jpg
分岐です。
d0198313_21230416.jpg
坊ガツル、天気イマイチです。
d0198313_21241438.jpg
水場も凍り付いています。
d0198313_21255022.jpg
次は大船山に行くことに。
だんだん天気も回復してきて、絶好の登山日和になってきました(寒いけど)
d0198313_20543152.jpg
段原に到着、雪も深くなって、雪はパウダースノーです。
d0198313_20521475.jpg
見上げると大船山が凍りついています。
d0198313_20533224.jpg
雪の深みに足を取られながら進みます。
d0198313_20552749.jpg
山頂に到着です。今日は虫もいません、絶景です。
d0198313_20562286.jpg
御池も凍っています。
d0198313_20564613.jpg
ここ昼食です今回は豪華版でした(体温まりました)
d0198313_20574827.jpg
池の真ん中まで行きました。
d0198313_20573177.jpg
いよいよ下りです。
d0198313_21531918.jpg
三俣山も綺麗です。
d0198313_21030451.jpg
幻想的な霜柱
d0198313_21040269.jpg
坊ガツルまで下りてきました、この寒いのにテント泊する人がいました。(寒がりの私には無理です)
d0198313_21050886.jpg
まだまだいい景色です
d0198313_21123904.jpg
下山です。
d0198313_21111668.jpg
今回、目的の暮雨の滝も見れ、素晴らしい久住の美しさに感動して、また好きになりました、何度来てもいいと改めて思いました。
雪山の楽しいい1日でした。
おまけ
d0198313_21261193.jpg



[PR]
by kitatakesi | 2018-02-02 22:16 | 山歩き | Comments(1)
 1月14日 (曇り時々晴れ)
去年は行けなかった難所ヶ滝へ寒波が来て、きっと難所ヶ滝が凍ってると確信して、じゅんパパ・けいこたんと行くことにしました。
昭和の森から登山です。(駐車場は沢山の人です)
d0198313_20551717.jpg
準備をして行くと、道路は凍結していました、すぐにアイゼンを付け出発。
d0198313_20555037.jpg
段々雪も多くなり小ツララには沢山のツララが。
d0198313_20561301.jpg
大ツララに到着大勢の人、まるで観光名所です。
d0198313_21220973.jpg
縦走路の途中沢山の雪の中を歩きます、まるで別世界です。
d0198313_21475864.jpg
縦走路に到着
d0198313_21230172.jpg
素晴らしい縦走路、誰も歩いていないところを歩いたり、ダイブをしたり童心に帰り楽しみました。
d0198313_21261301.jpg
三郡山手前でポンちゃんと逢いましたこの辺でよく会います。
風がない三郡山頂で昼食です、じゅんパパ・けいこたんに豚汁をご馳走になりました、おかげで体が温まりました。(温かい豚汁とてもおいしかったです)
d0198313_21270944.jpg
今回は頭巾山からの下りです、
d0198313_21280935.jpg
頭巾山頂、展望はありません。
d0198313_21304668.jpg
ここの下りも、最初は素晴らしい雪景色です、その後の急勾配の下りでも、雪が有るのでそんなに辛くありません。
d0198313_21341670.jpg
頭巾山登山口に到着。
d0198313_21320142.jpg
今回滝を観に行くだけかと、思いきや雪のお蔭で別の楽しみ方が出来ました。
御一緒していただいた、じゅんパパ、けいこたん有難うございました。





[PR]
by kitatakesi | 2018-01-17 22:17 | 山歩き | Comments(1)
  1月6日 (曇りのち晴れ)
今年は山を沢山登るぞ~と意気込むが場所が決まらず思案ていると、じゅんさん・けいこたんから四王寺滝に行きませんかとお誘いが有り、乗っかることに(また今年もか?)乗っかり隊長です。
前日雨が降って英彦山は雪で行けるか心配でしたが、ほとんど雪も積もってなく別所駐車場で支度をしていると山帽子さんが声を掛けてこられ、北岳の霧氷を撮りに来られたそうでした、お別れしていざ出発。(雪もまったくありません)
d0198313_07080139.jpg
正面道から下宮に行き参拝をして出発
d0198313_07101962.jpg
下宮の先から入ります、このぶんだと滝は期待できそうもなさそうです。
d0198313_07091672.jpg
感じのいい登山道、真冬とは思えません。
d0198313_07163272.jpg
四王寺滝入口、入口には危険ですの看板がありました。
d0198313_07173092.jpg
?池、聞いたのですが忘れました。
d0198313_07181951.jpg
途中苦戦しながら登ります、他の登山者も苦戦していました。(少し前までは幻の滝でした)
d0198313_07210192.jpg
ようやく四王寺滝に到着です、思ってたようには凍ってませんでした、寒波が続かないとダメみたいです。
d0198313_07260168.jpg
少し休憩して南岳の直登を登っていきます、かなりの急登ですこのルートは雪が積もってて危険でした。
d0198313_07284640.jpg
絶景です、下の景色とは大違いです。(感動です)
d0198313_07372298.jpg
雪も深くなってきて、一面の銀世界です。(頑張ってます)
d0198313_07334825.jpg

頑張って登り南岳山頂。(三人で一等三角点にタッチ)
d0198313_07461215.jpg
上宮も綺麗に見えます。(すばらしい)
d0198313_07400147.jpg
d0198313_07574509.jpg

上宮で三人で揃って参拝をしました。
d0198313_07421550.jpg
中岳は風が有り寒かったのですが、避難小屋で昼食を早々に済まして、正面道を下山しました。
d0198313_07494384.jpg
幻想的な良い眺めです、下界も良く見えます。
d0198313_07521938.jpg
下宮も見えてきました。
d0198313_07531617.jpg
もう雪はほとんどありません。
d0198313_07542826.jpg
今年2度目登山も大満足で終わることができました、今年はいい年になりそうです。
今回お誘いいただいたじゅんさん・けいこたん有難うございました。



[PR]
by kitatakesi | 2018-01-08 08:53 | 山歩き | Comments(2)
  1月2日 (晴れ)
前日に天気予報を見ると晴れマークのみ、これは去年の厄払いを兼ねて新年草々山に行こうではないか、どこに行こうか考えるうちに寝てしまい決まらないまま?朝起きてそうだ九重に行こう、今年も何の計画もなく行き当りバッタリです。
九重に行くには時間的に少し遅いのではと思いつつ出発。
行く途中、車の走る所には雪は無いものの路肩には雪が、こんな筈では、甘かった、牧ノ戸峠に着くと山は氷付いて寒いのなんの、どうしよう?(寒いのが大嫌いな私です)
d0198313_22562987.jpg
ここまで来て引き下がるわけにはいかず、準備をして出発。
登山道は氷付いています。
d0198313_22560021.jpg
良い天気で景色は抜群す。
d0198313_23335169.jpg
途中下山してくる人に道の具合聞くと、ずっとこんな感じですよと返答が、少し不安のままアイゼンも付けずに進む事にしました。
木には霧氷が付いて綺麗です。
d0198313_23350078.jpg
踏掛山。途中阿蘇・根子岳も良く見えました。
d0198313_23363843.jpg
久住分かれ。
d0198313_23394870.jpg
久住分れから三俣山硫黄塚山もとても綺麗です。
d0198313_23384199.jpg
日が当たり霧氷がとても綺麗です。
d0198313_23405874.jpg
御池まで来てまたビックリです、全部凍ってます、人が乗っても割れません(凄い)氷ってる御池をあるきました。(割れないかと心配でした)
d0198313_23415856.jpg
九重山群で一番高い中岳にいくぞ~
d0198313_23432298.jpg
中岳はかぜが強く寒かったです。
d0198313_23463246.jpg
次は天狗ケ城へ
d0198313_23475907.jpg
御池と久住山がバッチリです。
d0198313_23501845.jpg
久住山目指してゴー
d0198313_23512346.jpg
登りは風がとても強いですが追い風です。
久住山頂に着くと風が強く立っていられません。
d0198313_23594789.jpg
久住山の風裏で昼食を早々に食べ下山
風を正面に受けながら非難小屋迄下りてほっとしました、後はほとんど下りです。
途中ぬかるんだ所も有りましたが全体的にこ氷付いてました。
d0198313_23584886.jpg
駐車場が見える所まで下りてきました。
d0198313_00010988.jpg
三俣山も上の方は白くなってます。
d0198313_00025792.jpg
天気に恵まれ、いい登山が出来ました思い切って九重に行ってよかった。
久々の一人登山で緊張しました。
今年は何回山に行けるかな?さい先よく新年に登山が出来ました。



[PR]
by kitatakesi | 2018-01-03 00:41 | 山歩き | Comments(8)

12月17日(曇り日晴れ)
今回は天気の都合により唐津オルレに決定、いろいろあった一年の締めくくる山歩き標高差100m足らずのオルレです。
オルレ2回目,前回と同じメンバーは純さん・けいこたんです。
波止岬からバスに乗り道の駅桃山天下市道まで行きいよいよ出発です。

d0198313_22272525.jpg
道の駅の観光案内所で地図をゲットしてスタンプ押してもらいスタートです。
前日に忘年会でアルコールと食べ過ぎで足取りが重く森に入ります。
d0198313_15030299.jpg
前田利家陣跡,豊臣五大老のひとり名護屋城の近くに陣を構えてました、秀吉と親密だったそうです。
d0198313_15060769.jpg
古田織部陣跡、通路側は平らな大きな石を組み入れデザインチックにオシャレな石垣です。
芸術的な指導者としても知られてた人だったそうです。
d0198313_15061283.jpg
変わった枝ぶりの木が沢山。
d0198313_15060460.jpg
冬はこれからなのに春を感じる花たち。
d0198313_15061801.jpg
廃屋がそれでも土壁の古い建物のようでした?
d0198313_15062473.jpg
掘秀治陣跡、越前から16歳で兵を率いて参戦したそうです(凄すぎ)渡海せずこの陣で生活していたそうです。
d0198313_15543162.jpg
能舞台や茶室跡が有り優雅な所も見られました(誰か踊ってます)
d0198313_15055753.jpg
串道、400年前武将が通っていた道です、韓国向けのポスターにされてました。
d0198313_15092315.jpg
いよいよ今日最大ポイントの名護屋城址スケールの大きさに感動
d0198313_15030175.jpg
d0198313_15062709.jpg
今日は天気に恵まれ幸運にも壱岐・対馬が見えています。
名護屋城を中心に桃山時代の名高い武将たちが陣を構えて居たとは想像も付きません?どれだけ名護屋の町が栄えていたのだろう???もうため息ばかりです。
d0198313_15180080.jpg
d0198313_15211912.jpg
名護屋城址入口は山茶花が満開です。
d0198313_15030180.jpg
麦原集落を過ぎ田園風景が気持ちいい。
d0198313_15261529.jpg
足利義昭陣跡付近のアスレチックで若い時のイメージでひと遊び、しかし軽々とはいかず衰えを実感情けない(ショボン)。
みかんを食べ気を取り直して先へ
d0198313_15060153.jpg
少年自然の家のビューポイント。
d0198313_15030231.jpg
酔仙の咲く道を歩き上杉景勝陣跡を見て近くには直江兼続も陣を構えて居たそうです(またまた凄すぎ、この時代に行ってみたい気持ちになりました)キャンプ場を通り抜けいよいよ海辺へ
d0198313_15342298.jpg
波止岬遊歩道へ素敵な海岸です。(雪雲も迫って来ています)
d0198313_20052035.jpg
玄武岩の柱状節理が間近に見えます。
d0198313_15331466.jpg
島津義弘陣跡は面影がありませんでした。
もうお腹も空いたん先を急ぎます
d0198313_15361709.jpg
波止岬も間近、海女さんが漁をされてました。
d0198313_15365431.jpg
ゴールです、サザエつぼ焼き屋台でサザエ・牡蠣・イカを食べました。
d0198313_15030324.jpg
d0198313_15405366.jpg
唐津オルレ凄すぎです、大満足。
その後、道の駅観光案内所によりガイドさんにとても良かったことを報告し陣跡めぐりの地図を頂き、地図を見て改めて凄さを実感しました。
d0198313_15392948.jpg
純さん・けいこたんお世話のなりました、楽しかったです、楽しく歩けたのも2人おかげです。有難うございました。
唐津オルレは沢山の陣跡が有り陣跡巡りもいいかなと思いました。

オルレは田園・海・史跡等が歩けて得した感じです。まだ九州にには沢山あるので体力が衰えても大丈夫かな?日本百名山・九州百名山制覇は無理なのでオルレ制覇しようかな?



[PR]
by kitatakesi | 2017-12-24 20:09 | 山歩き | Comments(4)
  11月19日(曇り時々晴れ)
足の小指が骨折して治療が長引き今週やっと病院通いが終わりと思いきや寒くなり一番季節いい時期を逃し紅葉を観れないと思っていましたが、けいこたんが信ちゃんにお願いして田原山に行くと言ってたので乗っかることにしました。
田原山は2回目です、前回も俊ちゃん・信ちゃんに案内して頂きました。
田原山(鋸山)は低山ながら切り立った尾根歩き出来ます、危険な所も沢山あります。
このギザギザの尾根を歩きます。
d0198313_10453430.jpg
鋸山登山口からスタートです。
d0198313_12185536.jpg
途中スズメバチの巣が寒いのでもういませんでした。(スズメバチがいなくて良かった)
d0198313_11145529.jpg
良い景色を観ながら徐々に登ります。
d0198313_10520756.jpg
西峰です先の方は今は行けません、今回は風が強いので行きませんでした。
d0198313_10524807.jpg
いったん下り大観峰を目指し到着です。(絶景です)
d0198313_11243034.jpg
下りの鎖&ロープ場です。(気を抜かず慎重に)
d0198313_10540100.jpg
紅葉が綺麗です、写真ではよく撮れません。
d0198313_10561141.jpg
途中の大展望です。
d0198313_10453948.jpg
股覗き岩
d0198313_10553693.jpg
まだまだ尾根は続きます。
d0198313_10545625.jpg
無名岩で昼食です、美味しいおにぎりを頂きました。
その後熊野摩崖仏へいきました。良くこんなと所に掘られたものですよね。
d0198313_10571520.jpg
歩いて来た尾根
d0198313_11581308.jpg
下山途中の展望、由布岳も見えます。
d0198313_12012071.jpg

d0198313_11574324.jpg


骨折上がりで不安の登山でしたが無事に楽しく山歩きが出来ましたお付き合い頂いた俊ちゃん・信ちゃん・純さん・けいこたん有難うございました。
久しぶりの山歩き気持ちよく歩けました、これからも頑張るぞ~の楽しい一日でした。

おまけ 帰りの由布岳の雪化粧(寒い寒い)
d0198313_10573236.jpg



                  今回の出会い
       (花も季節はもう終わって来ていますがまだ残っていました。)
d0198313_10584229.jpg




[PR]
by kitatakesi | 2017-11-23 12:47 | 山歩き | Comments(2)
憧れの北アルプスへじゅんパパ・けいこたんの三人で遠征しました。
今回は何もかも初めてづくしの山体験でした。
自分が北アルプスに合うとは驚きでした(身勝手な想像です)
d0198313_06330045.jpg
d0198313_15524583.jpg
d0198313_15532434.jpg
d0198313_15492196.jpg
d0198313_15515462.jpg
d0198313_15504026.jpg
もう何も言うことは有りません(大満足です)
じゅんパパ・けいこたん有難うございました。

[PR]
by kitatakesi | 2017-08-15 13:25 | 山歩き | Comments(4)