ブログトップ

ガック隊長のブツブツ日記

kitatakesi.exblog.jp

山歩きと日記のページ

カテゴリ:未分類( 14 )

  2月10日(雨)
雨の山登りは苦手な私ですので今回はオルレです。
今回は奥豊後コースを行きます。
朝地駅からのスタートです。
d0198313_19221748.jpg
観光案内所で簡単な説明を聞き小雨の中、傘を差して出発です。
最初の踏切をすぎると電車との出会い、さい先良いぞと思いつつ、暖かい日だと気持ちいいのだろうと思いつつ歩きます。
d0198313_19231018.jpg
家族連れのかかしが迎えてくれました。(かかしも楽しそう)
d0198313_19241397.jpg
用作公園入口
d0198313_19245236.jpg
公園の中に入るともみじの木が沢山、秋は紅葉が綺麗はず?
d0198313_19273727.jpg
途中の寒い光景
d0198313_19293402.jpg
次の普光寺へ
d0198313_19303894.jpg
いくつあるのかな?
d0198313_19332384.jpg
雨の中、普光寺でお参りをしました。
d0198313_19335892.jpg
日本一の磨崖仏です、高さ20m幅10mいっぱいに不動明王が掘り出されています。
d0198313_19351021.jpg
凄い雄大さに感動。
d0198313_21324794.jpg
ボケないようお地蔵さんにお参りもしました。
d0198313_21362183.jpg
普光寺から出てきた所にある休憩所で昼食を取り、九州自然歩道を歩き十川の柱状節理のポイントでくるりと回ると方向が分らなく無ような感じでした。
d0198313_21353753.jpg
いよいよ国指定史跡岡城跡へ
横に長く作られ城です。
源義経迎えるため築城されたと伝えられてるそうです?
d0198313_21375948.jpg
この城の出入りはきびしい管理体制がしかれていたそうです(門限があったそうです)
ここに門が有ったみたいです、町民は門の入り口までしか、立ち入りが許されなかったそうです。
d0198313_22225628.jpg
ここの山城跡で誰もが知る有名な瀧廉太郎が、荒れ果てた岡城に登って遊んだ印象から、荒城の月を作曲のイメージしたそうです。
d0198313_22260792.jpg
ここで昔、城遊びをしたことを思い出し、童心に帰り、周りは誰もいないので?(写真は載せられません)同じように遊んだとしても、私は曲など思い浮かびませんよね。

トンネルを抜け次は竹田城下町です。
d0198313_21561679.jpg
竹田城下町、素敵な城下町です。
d0198313_22045319.jpg
いよいよゴールの豊後竹田駅です、駅の背景には滝が有ります。
d0198313_22085801.jpg
今回は雨でしたが楽しく歩けたことが出来ました、12km歩きました、オルレ最高です。



[PR]
by kitatakesi | 2018-02-26 23:28 | Comments(1)
  1月20日(晴れ)
先週雪で登れなかった金山を、風来坊さんが登りませんかとお誘いが、体力に不安を抱えている私は、厳しと思いつつ、ゆっくり登るので大丈夫ですよ言われ、行くことにさらに健脚ポンちゃんも参加、ひょっとしての不安が?
今回は小爪峠入口より、8の字のスタートです。
d0198313_20461349.jpg
途中の取り付きから急勾配を登り尾根へ
少し行くと広い登山道に、昔は沢山の人がと行き来していたのではと、勝手な想像して西山方向に
d0198313_20494948.jpg
西山の鞍部まで行き、今回は西山はパスです。
いったん下り、坊主ヶ滝尾根へ、この辺は雪も残っています。
d0198313_20524388.jpg
ちょっと素敵な滝。
d0198313_21320711.jpg
沢を渡り、ソファー岩も有ります。
d0198313_20505629.jpg
d0198313_20482200.jpg

坊主ヶ滝尾根の分岐まで下り、金山方面の登りです(頑張らなくては)
d0198313_20545923.jpg
ここからは縦走路まで、置いて行かれないように、必死に付いて行くだけです。
縦走路に出て、一息素敵なブナ林です、もうすぐ金山山頂です。
d0198313_21102004.jpg
金山山頂の三角点をタッチして、風の当たらない所で昼食
d0198313_20564248.jpg
小爪峠方面へ、金山が見える素敵な場所から(素晴らしい)
d0198313_20572580.jpg
下りは二人とも、跳ねるように行くのです、付いて行くのが大変
d0198313_21081076.jpg
終盤滝も有り、ホッとする所まで下りてきました。(夏だったら涼しげですが)
d0198313_21062157.jpg
小爪峠からの先週の雪で倒木・イバラがられ下がり大変、やっとの思いで小爪峠入口に到着です。
d0198313_20593649.jpg
今回何月ぶりに、ご一緒して自分が衰えているのか?二人が進化しているのか?ヤバいと思いました、トレーニングしとかねば置き去りのされるかも思いました。
風来坊さん・ポンちゃんお付き合い有難うございました。



[PR]
by kitatakesi | 2018-01-22 21:58 | Comments(2)
  1月13日 (曇り)
今週寒波が来て、山には雪降ってるはずと山に出かけることに、最初にに背振山に行こうと意気込み車を走らせ椎原登山口まで、行こうと入口を曲がった途端道路が凍結していて、これでは行く事が出来ない,即座に撤退。
金山に行こうと考え千石の郷に行く事に、途中車が立ち往生していました、それでも登山口付近に車を停め、いざと行くものの、雪が深い少し登ったが、これ以上登ったら私の技量では遭難するに違いないと確信してやめることに。(根性なしです)
d0198313_21192811.jpg
それでも坊主ヶ滝までは行こうと、雪が深い林道を歩き滝の入り口に着きました。
橋の排水溝もツララです。
d0198313_21405616.jpg
誰も来てない足跡もない、どう行けばいいのか?
d0198313_21313965.jpg
何とか坊主ヶ滝に到着。
d0198313_21240131.jpg
d0198313_21242420.jpg
これ以上(ヤバい)行けない、またまた撤退することに。
その後雪遊びに、どこも山は雪でいっぱいです。
d0198313_21540917.jpg
d0198313_21543189.jpg
d0198313_21513047.jpg
楽しく過ごせました。
雪の背振・金山と無謀にも行くなんて、経験も根性もないので撤退して良かったです。





[PR]
by kitatakesi | 2018-01-16 22:34 | Comments(2)
  7月31日
今回は峰入り道の仲間と車谷のオニコナスビ鑑賞登山です、俊ちゃん・信ちゃん・higeさん・mamatiasさん・けいこたん・じゅんパパ・S.TAROUさん・風来坊さん・ポンちゃん・五百枝さん・総員11名での登山です。
9時集合ですが皆さん早く集合されます、今回は風来坊さんの案内です。
他に2組団体さんもいました。
今日はとても暑い登山になりそうです。
このコースは沢沿いを登ります。
ぽつぽつとキツネノカミソリを観ながら登って行きます。
d0198313_15173820.jpg
他の団体さんも同じ目的みたいです。
葉っぱはあれども花が見つかりません、あったと声が一輪咲いていましたとても可愛らしい花です、他を探すも見つかりません貴重な花です。
d0198313_15035773.jpg
急なのぼりを縦走路まで登りです。
d0198313_15145471.jpg
気象台レーダの所で昼食ですここは日陰で風通りも良く快適な場所です。
d0198313_15060635.jpg
途中日差しが反射してまぶし所・笹だらけの見晴らしが良い所です、今日は暑いので通り過ごします。
d0198313_15095749.jpg

椎原峠を過ぎ西椎原峠を下ります、このコースは初めてです。
下っているとマムシと言う声が見て観ると大きなマムシ、大のヘビ嫌いの私は肝を冷やしました。
メタセコイヤ林を抜け登山口に到着です。
d0198313_21520306.jpg

今回は希少な花を観ることが出来また一つ花の知識が増えました。
企画して頂いた風来坊さん、同行していただいた皆様、有難うございました。

                  今回の出会い
d0198313_15011252.jpg
d0198313_14563066.jpg
d0198313_14563623.jpg
d0198313_14563893.jpg
d0198313_14564173.jpg
d0198313_14564610.jpg
d0198313_14564345.jpg


[PR]
by kitatakesi | 2016-08-13 22:11 | Comments(2)
  6月26日 (くもりのち晴れ)
今日は峰入り仲間と英彦山に花散策
風来坊さんの車に同乗して楽々で集合の別所駐車場へ、早く着いたので展望台にまだ少し雲がかかっています。

d0198313_10044373.jpg
信ちゃん・俊ちゃん・higeさん・mamatiasuさん・風来坊さん・ポンちゃん・ジュンパパさん・寝太郎さん・ふぃずランドさんの10名です。(参加予定のけいこたん負傷の為欠場)
豊前坊駐車場から高住神社へ参拝して出発
d0198313_10045321.jpg
d0198313_10051549.jpg
北岳山頂ここはあまり人気がないせいか文字もかすれていました。
d0198313_10061007.jpg
中岳から少し下って素敵な景色が目に入りました。
d0198313_10062691.jpg
緑に包まれたサモア像
d0198313_10065695.jpg
苔が素敵な所です
d0198313_10070865.jpg
スキー場跡、昔は沢山の人がスキーをしていたのだろうか?
d0198313_10071818.jpg
針の耳、親不孝と心の清い人は通れるそうです、私は通れました。
d0198313_10151281.jpg
素敵な杉並木もうすぐ登山終了です。
d0198313_10220667.jpg
今回同行して頂いた皆さん有難うございました。
案内して頂いた信ちゃん・車に乗せてていただいた風来坊さん温泉まで連れて頂き有難うございまた。

  今回の出会い
d0198313_09552802.jpg

d0198313_10150745.jpg
d0198313_09555305.jpg
d0198313_09553407.jpg
d0198313_09554814.jpg
d0198313_09554687.jpg
d0198313_09554465.jpg
d0198313_09555041.jpg
d0198313_09554226.jpg
d0198313_09554081.jpg
今年はもうオオヤマレンゲが見れないと思っていたので観られて大満足でした。

[PR]
by kitatakesi | 2016-07-02 22:47 | Comments(8)
  5月5日
今日はシャクナゲの咲く英彦山へ師匠・副隊長夫妻の登山に同行さして頂きました。
d0198313_8462531.jpg

岳滅鬼峠
d0198313_8471078.jpg

途中南岳を望む
d0198313_912165.jpg

石楠花の頭付近部のシャクナゲ綺麗に咲いていました。
d0198313_847438.jpg

d0198313_850894.jpg

ミツバツツジ
d0198313_8483345.jpg

こんな急登も
d0198313_8491141.jpg

猫ノ丸尾へ行く鞍部に到着
d0198313_8493940.jpg

猫ノ丸尾
d0198313_8504654.jpg

籠水峠
d0198313_8511841.jpg

ここでケルンの谷へ
ここにも小さい花が咲いていました。
コモチマンネングサかな?
d0198313_8541041.jpg

フデリンドウ
d0198313_8545443.jpg

ヤマルリソウ
d0198313_8553553.jpg

ケルンの谷から南岳へは地獄の登りでした。(写真どころではありませんでした)
鬼杉までは急な下りです。
d0198313_8561943.jpg

春は花が沢山咲いていて疲れも忘れるぐらいですでも連日の登山ですこし疲労が溜まってしまいました、明日はゆっくりしよう。
[PR]
by kitatakesi | 2012-06-03 09:13 | Comments(3)
前日にサンガック隊副隊長より電話があり明日宝満山の誘いが有り行くなら10時集合と言われ前日三郡縦走したので明日行けたら行きますと答えてその日になると行くことにしました。
今日のルートは猫谷川新道~羅漢道~行者道です。前日の登山の疲れか?少し体が重い感じがしました。
羅漢道では沢山の石像が岩山の隙間にも奉られていました。
d0198313_11334756.jpg

d0198313_11385862.jpg

山道を歩いていると木もお腹がすいたのか標識を食べていました。
d0198313_1144131.jpg

この杉は仲が良く合体していました。
d0198313_1204490.jpg

宝満山のルートが多く、まだ登って無いルートもまだ有るので完全制覇していくつもりです。
今回は宝満山頂の写真は撮り忘れました。
[PR]
by kitatakesi | 2011-05-05 10:00 | Comments(0)
週末に傾山に行くのでトレーニングを兼ねて三郡縦走をしてきました。
朝8:00かぶとの森公園を出発
鬼岩谷山頂ですここまではかなりキツイです。
d0198313_10324996.jpg

三郡山山頂です、真新しい看板が設置されていました。
d0198313_1038444.jpg

途中みつばつつじが咲いていました。今年は時期が遅く花数も少ないみたいです今年の冬寒かったせいかな?
d0198313_10401687.jpg

宝満山山頂です、相変わらず沢山の人が登山を楽しんでいました。この山はルートが沢山あって飽きない山です。
d0198313_10515869.jpg

下山途中で知り合いにばったりと会って再び山頂へ下山して車で来ていたので送ってもらいました。帰りは公共交通機関でかぶとの森まで帰るつもりだったので楽ができラッキーでした。
[PR]
by kitatakesi | 2011-05-04 08:00 | Comments(2)
今日は自宅からウォーキングを兼ねて博多どんたく見物をしてきました。
メインのパレードのある道路は人でいっぱいで寄り付けないぐらいでしたでどんたく隊が出発する前に集合する公園に行きました。
d0198313_926655.jpg

ここにはぞくぞくとどんたく隊が集まってきます。
d0198313_928336.jpg

ここでいろんな衣装を着た団体が練習したり出発前の腹ごしらえをしたりくつろぎの場所です。
d0198313_93554.jpg

d0198313_937831.jpg

d0198313_9381470.jpg

d0198313_9392757.jpg

ここから出発地点に行くのです。他の地域の祭りも参加していました。
d0198313_943289.jpg

どんたく見物の後は博多の町歩きをしてきました。
聖福時です、ここは日本最初の禅寺です。
d0198313_9541224.jpg

東長寺です、ここには日本最大の木造座像があります。
d0198313_109865.jpg
その他にも町歩きをするのに見物する所は沢山あるので次回に持越しです。
町の真ん中に咲いてた花です(名前は知りません)
d0198313_101363.jpg

d0198313_10141623.jpg

[PR]
by kitatakesi | 2011-05-03 14:00 | Comments(0)
  4月17日 晴れ
3ガクッタイ定例登山
今回は涌蓋山縦走を決行しました。
参加者:師匠・テルさん・イチブンさん・隊長
疥癬湯:8:35~石ノ塔~涌蓋越の標識9:40~女岳10:10~涌蓋山10:25(訳有り休憩)~ミソコブシ分岐11:15~ミソコブシ山11:35(昼食)~一目山1:33(休憩)~疥癬湯2:50
イチブンさんと7:00基山サービスエリアで待ち合わせ涌蓋山へGo~
d0198313_1001141.jpg

疥癬湯駐車場到着後、さあ登山の始まりはストレッチ(みんな歳なので念入りに)
d0198313_1042429.jpg
まずは右上の涌蓋山を目指して
d0198313_10462840.jpg
涌蓋山への分岐
d0198313_10501861.jpg
涌蓋越えの入り口標識が有りました。
d0198313_1054813.jpg
女岳山頂
d0198313_10575599.jpg
涌蓋山山頂ここは広く視界も良好です昼食の場所には最適だったのですが時間が早かったので別の場所でと出発ようとイチブンさんと言ってたら、師匠とテルさんが昔山ガ-ルだった方々に丁寧に説明してるでわあーりませんか,と言う事で長めの休憩
d0198313_1112062.jpg

d0198313_11225043.jpg
山頂の山の神
d0198313_11264565.jpg
途中50人近い大分の大学生とすれ違いました(テルさんの後輩だそうです).遠目に見ると蟻の行列みたいです、この日は団体が多くあと3組すれ違いました
d0198313_11303148.jpg
ミソコブシ山山頂ここには子供ずれの団体さんが山頂を独占元気な子供がはしゃいでいました。ここで団体さんが下山して昼食
d0198313_11403641.jpg

d0198313_1150303.jpg
一目山登り口で上をみると急斜面野焼きされていました、標高差90mを一気に山頂へ息が切れましたイチブンさんはまだまだ余裕かな?
d0198313_122396.jpg
一目山山頂ここから人工スキー場・八丁原地熱発電がすぐ下に見え西の方は風力発電も見えます。
d0198313_1233417.jpg

d0198313_12333212.jpg

ここを一気に6分位で下ってきました後は疥癬湯まで車道歩きでした。
d0198313_12342655.jpg

この縦走はどこでも景色が良くはればれするお薦めのコースです。後は駐車場の管理されている人がお薦めの温泉へ
今回は副隊長が仕事で来られなかったので歩行スピードが一定じゃなかったので反省。
車道を歩いていると度根性大根は良く聞くけどここにはアスファルトをぶち抜いて度根性つくしでは有りませんかビックリです。
d0198313_1374114.jpg

[PR]
by kitatakesi | 2011-04-18 13:18 | Comments(4)