カテゴリ:山歩き( 82 )


峰入り・・嘉麻峠~深山宿(行者堂)

  3月27日 (晴れ)
今日はI氏のお誘いで嘉麻峠~行者堂の不明区間を歩くことに、
余り道がはっきりしてないかもと聞かされワクワクしながらの歩きです。
d0198313_15023945.jpg
逆向きからの方が分かりやすいと行者堂からスタートです。
深山宿(行者堂)
d0198313_14560262.jpg
行者杉には大王杉・鬼杉・霊験杉・境目杉がありいずれも大木です。
d0198313_14563109.jpg
奥には国境石(境目石)もありました。
d0198313_14573271.jpg
500号線を交差して兄弟岳に行く途中前回につづき、またもや大変なことが確かに入れたはずの命の水が無いでは?落としてしまいI氏に恵んでいただきました。
d0198313_15074896.jpg
兄弟岳に到着、(両方とも踏破)
d0198313_14583142.jpg
不動岩を登ります。見晴らしも良くここから英彦山が良く見えます、前回縦走した尾根もきれいに見えます。
ここにはゲンカイツツジがちらほら初めて観ました。(感激しました)
I 氏軽々と登る。
d0198313_14580155.jpg
d0198313_14590244.jpg
不動宿
d0198313_15393623.jpg
芝峠
d0198313_15381899.jpg
金剛坂なかなかの登りでした。
d0198313_15100040.jpg
畑尻
d0198313_15000231.jpg
大藪峠
d0198313_15135752.jpg
砥石ヶ谷
d0198313_15154592.jpg
ここを直角に曲がりますこの辺は迷いやすい所です。
d0198313_15164513.jpg
ここに三角点がどこかな?
d0198313_15161468.jpg
やっと嘉麻峠に到着しました。
d0198313_15164802.jpg
小刻みの上り下りの繰り返しで思った以上にハードでした、目印とGPSを頼りの登山でした。
峰入りこれでつながりました、感動です。
残りあと1日分気を引き締めて完歩したいと思います。
I氏さまお誘いして頂き有難うございました。
      


                今回の出会い
d0198313_15334541.jpg








[PR]

by kitatakesi | 2016-03-29 09:08 | 山歩き | Comments(5)

峰入り 4日目




5月20日 (曇り時々晴れ)
峰入り4日目いよいよ難関にか所です、前回ばてバテバテになった所です、気を引き締めて行かなくては。
今回11名の参加です.
6時30分集合になんとか間に合いました。皆さん全員集合されていました。
d0198313_09060054.jpg
いよいよ長丁場のスタートです。
d0198313_08571105.jpg
香水池、悪い所が良くなるそうです。
d0198313_09072900.jpg
陣尾に到着
d0198313_09493126.jpg
貝つりに到着。これよりリックを置いて笙の窟へくだります、ロープを頼りに下って行きます急な下りでした。
d0198313_09181478.jpg
笙の窟に到着です。
d0198313_09001856.jpg
これからがヤセ尾根の糸ヶ峰通るのに大変です。
d0198313_09241896.jpg
林道に出て、今度は急登です。
d0198313_09275849.jpg
愛敬瀬戸に到着、この辺の開けたところで昼食です。
d0198313_09331858.jpg
少し行くと大日ヶ岳に到着です。
d0198313_09075968.jpg
釈迦ヶ岳に到着です、ここまで来ると疲労もたまります。
d0198313_09384410.jpg
素晴らしい所もあり疲れを忘れます。
d0198313_09391332.jpg
この後も縦走路を行きます。
d0198313_09070045.jpg
深倉越到着、次回はこれをつなげて行きます。
d0198313_09431621.jpg
深倉越より下ります、これが急な下りで疲れもあり大変で、途中最大の危機、足が滑り転んでしまいました、皆様に心配をおかけしました(反省)
やっと深倉園地に到着しました。
d0198313_09395410.jpg
今回は峰入りで変化に富んで良い区間ですが体力もかなりいる区間でした。
次回は最終区です、気を引き締めて行かなくては(反省の登山でした)
皆さんお疲れ様でした、皆様に迷惑がかからないように頑張ります。


                今回の出会い。
d0198313_10305925.jpg

d0198313_09563236.jpg
           今回犠牲のスマホ再起不能です。
d0198313_10011387.jpg



[PR]

by kitatakesi | 2016-03-28 10:33 | 山歩き | Comments(9)

背振山

  3月13日 (曇り)
日曜日にになると雨の日が降るので山に行けなかったので今週は曇りで1か月ぶりに山へ近くの背振山に行くことに自宅を出発して山の上は白くなっていてアイゼンを忘れていたことを気が付き取りに帰り再び出発。
車谷ルート登山口に到着、ずっと前に購入して靴箱の肥やしになっていた登山靴を履く事に、準備をしていざ
d0198313_09423861.jpg
登っているうちに前日に降った雪が積もっています、なんだか体が重いこの靴だからか?この分だと背振山まで行けるだろうか?体力の無さを実感。
d0198313_09430834.jpg
しだいに雪が多くなり今回で2度目の山歩きにいい感じです、
なんとか山頂に到着
d0198313_09460586.jpg
d0198313_10133694.jpg
霧氷も有りました。
d0198313_10132880.jpg
なんだか登山靴も出番があり喜んでいるみたいです。
d0198313_10074609.jpg
これからどうしよう?とりあえず矢筈峠まで行くことに。
椎原峠まで行こう。
d0198313_10121021.jpg

下って行くうちに体が軽くなってきて鬼ヶ鼻岩まで行くことに。途中30人ぐらいの団体とすれちがいました、その他のも何人か登山されていました。
唐人の舞から
d0198313_10133510.jpg
鬼ヶ鼻岩に到着、風も無いのでここで昼食にすることに。
d0198313_10133128.jpg
ここから下って行こうか雪が有り危険しかし椎原峠まで行くより登山口までは距離的にも近い、
よし危険を承知で下山、
マンサクの花も満開でした思わず得した気分でした。
d0198313_10133339.jpg
その他にも花が。
d0198313_10155949.jpg


苔も綺麗です
d0198313_10163139.jpg

分岐の小さな標識
d0198313_10163805.jpg
椎原登山口に到着。
d0198313_10164467.jpg
今回の登山、山は頻繁にいかないといけないと実感しました。






[PR]

by kitatakesi | 2016-03-14 10:33 | 山歩き | Comments(8)

峰入り道 (3日目)

2月21日 (晴れ)3日目
旧八丁越~小処山~塀山~馬見山~嘉麻峠
嘉麻峠に集合して秋月まで移動して出発の予定です。
前日は雨で今日はあまり良い条件の登山の条件では無いのではと思いきや夜中に冷え込み嘉麻峠には雪が山も真っ白にこの冬初めての雪山登山になりそうです。
信ちゃんに紅茶、風来坊さんにパンをご馳走になりました。
d0198313_19162376.jpg
今回は12名の参加で楽しい登山になりそうです。
久々の登山で不安いっぱいでスータトです。
嘉麻峠には雪があったのに秋月には雪は有りません。
秋月海道旧八丁道を行きます。
d0198313_19210225.jpg
みなさん何かにとりつくつかれたようにカメラを構えてます。
d0198313_19163138.jpg
八丁越の道路に出て古処山に向かいます、登って行くうちに雪が。
d0198313_19210770.jpg
古処山頂です。山頂の日があたる所は暖かかったです。
d0198313_19211164.jpg
山頂の三角点はわからないところにありました、教えて頂きました。
d0198313_19171583.jpg
不動妙王、大将隠しにも行きました、奥の院は雪で危ないので行きませんでした。
d0198313_19211636.jpg
塀山まではなだらっかな登りです。
山頂です素晴らしい展望です。
ここで昼食です、五百枝さんの手作りチョコ、信ちゃんにりんご、けいこたんさんにすこんぶ、mamatiasさんに行動食をいただきました、ありがとうございました。
d0198313_19212046.jpg
こんな登りもあります。
d0198313_19174261.jpg
馬見平、山頂 展望も抜群です。
d0198313_19212455.jpg
d0198313_19212840.jpg
後は嘉麻峠まで下りのみです。
途中には所々に仏像があり修行の道であることを実感します。
d0198313_19295741.jpg
ハンドウ仏
d0198313_19175387.jpg

嘉麻峠に到着です、もう雪は解けていました。
d0198313_19175929.jpg
皆さんお疲れ様でした。
いろんな話をしながらの登山は長い道のりも楽に歩けました、今回は体力的にも不安があったのですが皆さんと一緒に行けたので完歩できました、
有難うございました。
4日目もよろしくお願いします。

[PR]

by kitatakesi | 2016-02-24 20:27 | 山歩き | Comments(8)

峰入り道

  2月7日(雪のち曇り)
2日目の修験道です。
冷水峠~秋月までです。
d0198313_20083452.jpg
6名の参加です
今回はほとんどが舗装道路の歩行です。
天候不良と先週にインフルエンザにかかっていたので一ヶ月ぶりの山歩きは自分にとってはリハビリを兼ねての歩行は自分の為の企画では?
前回の終点からですお狐様のお見送りで出発です
d0198313_20073786.jpg
歩き始めると雪が降り出し厳しいかも?
d0198313_20080562.jpg
夜須高原ゴルフ場の横を歩いて行きます
グリーンのはずがホワイトに
d0198313_20074533.jpg
五玉神社に到着
ひっそりとした神社で雪化粧でいい感じでした
d0198313_11572749.jpg
夜須高原記念の塔付近で昼食です
けいこたんさんからおかずを頂きました、バレンタインチョコ・みかんの差し入れも頂きました有難うございました(感謝です)
出発する頃には雪も止みました
d0198313_20082682.jpg
白坂峠この付近は風が吹き抜けて寒かったです
実際の峰入りはこの先の山を登るそうですが今は道がありません
d0198313_20180266.jpg
トンネルを過ぎると涙坂
何やら説明が
d0198313_20204146.jpg
不動の滝です滝の上にトンネルがありその上にも滝があるみたいです
d0198313_20203428.jpg
幸神の石碑の横の水路に小さい水車が
d0198313_20244122.jpg
秋月の町に降りてきました
higeさんの案内で黒田長政夫人の菩提寺へ
d0198313_20203806.jpg
梅の花もちらほらもうすぐ春ですよ(パクリです)
d0198313_20204450.jpg
次回はあの山を登って縦走です怠け者の自分にはかなり厳しい登山になりそうです
d0198313_20265279.jpg
皆さんお疲れ様でした
私の為の企画をお付き合い頂き有難うございました(何か勘違い?)
次回もよろしくお願いします
2週間後には厳しい道のりが待っています頑張るぞ?

                                                                                                                                                                               

[PR]

by kitatakesi | 2016-02-09 12:42 | 山歩き | Comments(10)

修行の登山

  1月11日 (曇り)
楽しみにしていたI氏のお誘いの宝満山修験道入りルートを歩きます
日ごろの行動を改めるために修行登山の始まりです。
5回に区切り1回目はは宝満山~冷水峠まです。
今回は有志の方10名が集まりにぎやかな登山になりそうです。皆さんベテランの方々です
竈門神社で参拝して出発です
d0198313_10441509.jpg
これから正面道の不規則な石段を登って行きます
未熟者の私は最後尾で付いて行きます(なんだか今日は体が重い)
d0198313_10441920.jpg
宝満山頂に着きました
d0198313_10442339.jpg
仏頂山
d0198313_10474219.jpg
頭巾山
d0198313_10484715.jpg
宝満山頂、冬の山頂なのに6度です今日も温かいです
d0198313_10442339.jpg
三郡山頂ここで昼食です、その後記念撮影をして米の山峠方面へ

d0198313_10442708.jpg
d0198313_10490677.jpg
竜岩少年自然家で休憩して大根地山へ
d0198313_10491403.jpg
大根神社で参拝して山頂へ
大根山頂です歩いてきた三郡山も見えます
d0198313_10493118.jpg
最後の急な林道を下って行きます
無事に1回目のゴールです、きつねが迎えてくれました
d0198313_10443220.jpg
今回山の話を聞きながら楽しい登山が出来ました、有難うございました。
皆さん、さすがに体力あることに驚きました。
私も鍛えなきゃいつも思うことです。
2回目もよろしくお願いします。


                    今回の出会い
d0198313_10442911.jpg


[PR]

by kitatakesi | 2016-01-12 11:27 | 山歩き | Comments(16)

雷山・井原山周回コース


  1月2日  (曇り)
今年の山初歩きに頑張るぞーといきなりロングコースの雷山・井原山コースにすることにしました
キトク橋の駐車場に着くと車は1台もなくやはり暇人は自分だけと準備をしていると1台到着1人登山みたいでした
d0198313_10481061.jpg
いざ出発中腹自然歩道へ
途中梅の花が咲いていました
d0198313_10490095.jpg
瑞梅寺山の家わひっそりしていました
d0198313_10485316.jpg
洗谷ルート登山口分岐を直進
餅の食べすぎか体が重い
d0198313_10525119.jpg
雷山観音から雷山自然歩道を清華の滝へ
椿の花が咲いていました
d0198313_10562994.jpg
やはりロングコースを選択したのは選択ミスだったのかも?
清華の滝到着
d0198313_10583039.jpg
雷神社上宮~雷山へ途中3人の登山者とすれ違いました
d0198313_10594882.jpg
ここでおにぎりを食べ縦走路を井原山へ
d0198313_10593596.jpg
縦走路にシャ-ベット状の雪が残っていました
d0198313_11012709.jpg
井原山頂 
下界は霞がかかっているのかあまり視界がありません
気温は6度です登山者は少ないです
d0198313_10595238.jpg
水無鍾乳洞分岐~アンの滝へ下山です
d0198313_11000286.jpg
初登山を無事に出来たことを感謝してキトク橋に到着
今年も頑張るぞ~
もっと体力を付けないと



[PR]

by kitatakesi | 2016-01-04 11:09 | 山歩き | Comments(2)

三郡山


  12月27日(晴れ)
今日は今年最後の登山を何処にしようかな思いついたのが三郡山でした
昭和の森に車を駐車してどのコースにしようかと急登の頭巾山ルートにすることに
このルートは三郡山に登るには一番早いです。
今は花も少なく椿が咲いていました
d0198313_11202205.jpg
頭巾山頂に到着現在4度です今の時期にしては気温が高いです
d0198313_11201753.jpg
従走路の木も葉が落ちてしまっています
d0198313_11203262.jpg
三郡山に行く途中偶然にもI氏に遭遇こんなことが夏にもあり確率的にも低いに2度も有るなんて宝くじよりもむずかしかも?など話しながら山頂に
今日は登山者は少ないです
d0198313_11204033.jpg
下山はI氏に便乗して米の山峠方面に
楽しい登山が出来ました
そして昭和の森まで送って頂きました有難うございました
いつもお世話になっています来年もよろしくお願いします

[PR]

by kitatakesi | 2015-12-28 11:32 | 山歩き | Comments(2)

田原山(鋸山)


11月23日
田原山(鋸山)
今日は岩尾根の多い山歩きです
I氏のブログ仲間の案内で行きました
天気予報は雨が降ると予報が外れて日差しも出てきました
d0198313_08075722.jpg
このぎざぎざの尾根を歩きます
d0198313_07282103.jpg
南岳このヤセ尾根を行きます


d0198313_07283187.jpg
この先は危険で行けません
d0198313_07410192.jpg

大観峰
曇っていてれ下界の展望は望めませんでした
d0198313_07462344.jpg
股覗岩
d0198313_07500391.jpg
無名岩
まだ紅葉が残っていました
d0198313_07314188.jpg
八方岳
d0198313_07291559.jpg
熊野麿壁仏
日本の石仏でも最大級だそうです
d0198313_08023546.jpg
d0198313_07305886.jpg
d0198313_07294460.jpg
かなりエキサイティングな山歩きでした
案内してくださり有難う御座いました

今日の出会い

d0198313_08013241.jpg
d0198313_08011960.jpg
d0198313_08010726.jpg
d0198313_08010056.jpg
d0198313_08014130.jpg
d0198313_08004110.jpg



[PR]

by kitatakesi | 2015-11-30 08:26 | 山歩き | Comments(0)

脊振山

 11月18日 (雨のち曇り)
今日は遠出の予定が天候不良により近場の背振山に変更にないました。
I氏と椎原バス停で待ち合わせていざ登山口へ

d0198313_14561385.jpg
紅葉もいつもより早めに終わりつつありますそれでも、ところどころは綺麗に紅葉してる所もありました
d0198313_14580571.jpg
d0198313_15251144.jpg
落ち葉の中を登って行きます

d0198313_14561993.jpg
車谷コースで行くことに登っている途中で別のルートにとI氏が、まさか?大変なコースではと思い付いて行くとやはりハードなコースでした
苦労していつもの登山道に出て
d0198313_15085336.jpg
背振山頂に沢山の登山者が来ていました
下界から見える建物です
d0198313_14573336.jpg
佐賀方面は視界が良いが福岡方面は何も見えませんでした
d0198313_14574087.jpg
今回背振山の別ルートで登り新鮮な感じでした、
帰りはいつもの登山道で下山です
d0198313_14581695.jpg
山は葉も落ちもう冬支度です
d0198313_14574568.jpg
今回の出会い
d0198313_15253157.jpg
d0198313_15252354.jpg
d0198313_15274412.jpg
d0198313_15273102.jpg
段々と山もスリムになって来ています、もうすぐ冬山の季節です


[PR]

by kitatakesi | 2015-11-18 15:38 | 山歩き | Comments(0)
line

山歩きと日記のページ


by kitatakesi
line