脊梁遠征2日目(烏帽子岳~国見岳)

  10月30日(晴れ)2日目
前日テント泊、早く寝たので深夜に目がさめ空を見上げると沢山の星がほしに名前が分からない星座表持ってくれば良かった(後悔)
早めにかたずけなくては要領が悪いので遅れを取るので皆さんが起きる前に終了。
5時前に朝食その後テントをかたずけ登山口に出発。
6時過ぎに着き薄暗いうちから登山開始
d0198313_08462991.jpg
d0198313_08461566.jpg
登り始めから急登、林道を交差しながら登ります、何回交差したか覚えていません。
d0198313_08463049.jpg
途中花が無い中、アケボノソウ群生し地まだ少し残っていました。
d0198313_08463059.jpg
さらに急登を登ると開けた所に三角点が有りました。
d0198313_08463079.jpg
頂上に近ずくとシャクナゲが沢山あり春にはきれいに咲くのだろう。
d0198313_08465434.jpg
烏帽子岳に到着展望は雄大です天気も上々韓国岳・高千穂峰も見えます。(雲海も)
d0198313_08465398.jpg
d0198313_08465453.jpg
花も少し有りました。
d0198313_08471785.jpg
d0198313_08471739.jpg
シャクナゲの群生地を抜け五勇山へ
烏帽子岳・ひそかな山村、紅葉も綺麗です。
d0198313_08471744.jpg
d0198313_08471891.jpg
五勇山頂上の標識を見落とし通り過ぎ見晴らしのいい所へいってしまい、、少し戻り確認して見晴らしのいい所で小休止、いよいよ国見岳へ
d0198313_08473031.jpg
d0198313_08473153.jpg
自然の登山道に紅葉。
d0198313_08473162.jpg
途中小国見岳この登り大したことないのにてごわい一番きつかったです。
d0198313_08473281.jpg
頂に国見岳の祠が見えます。
d0198313_08474217.jpg
国見岳への最後の登りです一気に登ります。
ここには祠が有ります、すばらしいぐるっと見渡せます、阿蘇山。久住山系も見えます。
d0198313_08474381.jpg
d0198313_08474361.jpg
ここで昼食です。頂上で登山者と話していると4日前に遭難された方がおられ捜索してると聞きました、休憩をしてると捜索隊が着き少し話をし、気を付けて下さいと言われました。
いよいよ最後の下りです、私が先頭です最後の力を振りしぼつて下ります。
d0198313_08474333.jpg
d0198313_08485034.jpg
d0198313_08484733.jpg
一気に下り林道に出てゲート付近に捜索隊と家族の人たちが心配そうに居られました、その後無事に見つけられたそうです、ホッとしました。
早めの下山で温泉に行き帰宅へ。
2日とも天気に恵まれ素晴らしい登山が出来、大満足の2日間でした。
今回連れて行ってもらえて(感謝です)1人では到底行けそうも有りません。
ポンちゃん・風来坊さん有難うございました。


[PR]

by kitatakesi | 2016-11-14 09:37 | 山歩き | Comments(2)
Commented by 風来坊 at 2016-11-14 20:24 x
こんばんは、隊長。
>いよいよ最後の下りです、私が先頭です最後の力を振りしぼつて下ります。
振り絞り過ぎでした・・・。
付いて行くのが大変で・・・。
もう二度と隊長に下りの先頭は渡さないと決めました(笑)
晩ごはん、あっという間に飲んで寝て、失礼しました。
Commented by kitatakesi at 2016-11-15 21:10
こんばんは、風来坊さん
皆さんのあしでまといにならないように必死なのです。
風来坊さんみたいに連続の登山は無理かもしれません。
ご指導よろしくお願いします。
line

山歩きと日記のページ


by kitatakesi
line